大晦日 かがり火でお正月を迎える

子供の沢山いた昭和世代までは、子供たちだけの冬休みの楽しい行事でした。

子供たちだけで、材木を切り出して高く積み上げ、夜は洞穴を掘って夜明かしをして過ごしたものでした。
少子化の時代、子供たちは少なく、かがり火の行事にも興味を示さなくなってしまいました。

神事ですので廃止するわけにも行かず今は大人たちの行事になっています。

行事に携わる人との話 「年末の恒例テレビ『番組紅白歌合戦』は自宅で見たことがない」
とのことでした。

大堤区

田越区

高富区

 

 

一夜明けた元日の様子です。

昨夜の迫力ある風景から一転お正月らしく、落ち着いた風景です。

残り火でお餅を焼いたり昨年一年間飾ったしめ縄や
お守り等、こちらで燃やして供養します。