加曾利貝塚 散策        2016年2月        

 

 

加曽利貝塚は、千葉市若葉区の住宅街の中にあります。
国道126号と51号の中間地点

車では狭い路地の奥まった場所。
モノレールの駅からも決して近くないので、あえて行こうとしないとたどり着かない場所です。

貝塚は公園として整備されていて、市民の散策コースとしても利用されています。

 

貝塚は北貝塚と南貝塚に別れています。
北貝塚は古く今から約5000年前、縄文時代の中期と言われ直径130メートルのドーナッツ型をしています。
南貝塚は縄文後期(約4000〜3000年前)のもので、約1000年かけて造られた、長径約170メートルの馬蹄形の貝塚です。

 

園内に入ると、ボランティア活動をされている方の案内で貝塚を見て歩きました。
あたりには、貝や土器片が無造作に散らばっています。

 

ボランティアの方が様々な貝を拾って見せてくれました

 

中には縄文土器の破片も見つかります。
今から5000年前の人が作った土器の一部だと思うと感動しますね。


お出迎えの「かそりーぬ」君
頭の土器は同貝塚から出土した縄文中期の「加曽利式土器」で、首飾りは同貝塚で一番数の多い貝「イボキサゴ」。


展示品は石器、土器、土偶、石棒、魚 とりの道具、埋葬された人骨、沢山の道具、食べた 
多くの動物、色々の貝類などもみることが出来ます。

 

発掘された人骨のレプリカです。
骨格は太く、丈は160センチは超えるそうでした。

驚くほどに見事な衣類
何処かのデパートの陳列ケースと見がもうばかりです。

 

昭和25年ころの小学校社会科の教科書
記憶に残る本です。

 

南貝塚には、当時を模造した住居があります。